チャート

FXはチャートをどう読むか

資産運用の手段としてFXを利用する人が増加しています。FXで鍵を握るのは、チャートをどう読むかです。取引に欠かせない為替チャートとはどのようなものなのでしょうか。チャートについて知らなければ、せっかくFXをしても場当たり的な取引しかできず、利益を上げづらくなります。ニュース番組を見ていると、円高、円安といった言葉が登場します。

身近に感じたことのない言葉だったという人もいるかもしれませんが、この円相場がFXと密接に関わっています。これからの為替の値動きを知るためには、過去の値動きをグラフ化した為替チャートを参考にします。為替チャートには様々なものがあります。毎日の終値だけを記録した折線グラフが、基本的なラインチャートです。

中値や始値でつくるラインチャートもあります。欧米ではバーチャートという名のチャートがよく使われます。最高値、最安値、始値、終値がわかります。日本でできたのがロウソク足チャートです。4本値が視覚的にとらえやすいもので、FX取引ではこのロウソク足チャートがよく参考にされています。時間をどの程度で区切ってチャート化するかも、為替チャートでは重視されます。

単位時間の設定は、そのチャートで何を読み取りたいかなどで使い分けます。ロウソク足の場合、一日毎のチャートを日足といいます。どのような戦略でFX取引をするか、どんな情報を知りたいかで使うチャートは違います。為替チャートについての理解を深めることで、効率のいいFX取引をすることができるようになるでしょう。